佐賀県(海産物県)にいると言われる妖怪一覧

  • アヤカシ

海の怪。九州北部でいう。

 

  • イソオナゴ

海の怪。磯女。東松浦郡加計島。昔、とうぼう船(イカ釣り舟のこと)が艫綱を引き上げようとしていた時に磯女が現れたので、その綱を切って逃げた。それ以後、この種の船だけは今も、艫綱を取らぬという。

 

  • ウグメ

亡霊の怪。産女。東松浦郡ではウグメは人に子を抱いてくれと頼む。その差し出した子はたいてい、石塔や藁わら打ちの槌であるという。

 

  • オラビソウテ

山の怪。おらびかけるとおらび返す怪。おらぶとは大声で呼ぶこと。山彦とは別で、これは山響きという。

 

  • カッパ

水の怪。河童。ガワッパ、ヒョウスベとも。杵島郡白石町─小僧に化けて相撲を挑んだ。水辺に近寄るので正体がわかり、肩に噛みつかれた。その夜、その人の家を巡って哀号し、噛んだ人の手でその傷を治さなければ、とうてい癒いえないという。そこで詫び証文を書き、手印を押して出させたという。佐賀市高木町─カマドの炭を塗っていくと河童に取られないという。昔、隣家の子供に水遊びを誘われたのを怪しんだ母がこのようにすると、その子供は去ったという。杵島郡桶村潮見─潮見神社の社家毛利家では「ヒョウスベよ、約束せしを忘るなよ川立おのがあとはすがはら」という水難除けの呪歌を伝える。三養基郡安楽寺村─駒引きに失敗、捕まって、石が腐ってなくなるまで人馬は引かぬと約束した。

 

  • ソコユウレイ

海の怪。底幽霊。

 

  • ダキ

海の怪。鎮西町加唐島に出たという。東唐津の親子三人づれの漁師が海岸に上がって火を焚いていると、見知らぬ女が「魚をくれ」と言って近づいてきた。様子が変だと思った父親は、船にはない魚を取りに子供をやり、子供が戻ってきてないと言うと「そんなはずはない」とかなんとか言って自分も船に乗りこむが早いか艫綱も碇綱も切って沖に逃げてしまった。女は「えい、命を取りそこねた」と言って口く惜やしがった。これ以来、東唐津の船は加唐では、碇を下ろすだけで艫綱はつけないという。

 

  • タツクチナワ

動物の怪。蛇に耳のあるもの。小城郡藤尾の龍天池では、タツクチナワが水面を通るとき水泳すると、必ず河童の難に遭うという。

 

  • テンビ

火の怪。天火。東松浦郡厳木町天川では、これが出ると天気がよくなるという。家の中に飛び込んだりすると病人があるといい、そんな家では鉦かねを叩いて追い出す。県一帯では火災の前兆と考えて忌む。

 

  • ヌレオナゴ

海の怪。濡れ女。

 

  • ヒョウスベ

水の怪。兵揃、兵主部などと書き、九州で河童のこと。杵島郡橘村(武雄市)の潮見神社は河童の主である渋江氏を祀っているが、その祖先が兵部大輔島田丸といい、工匠の奉行をつとめた。内匠工が春日社の大工事のとき人形に命を吹き込んで使い、のち川に捨てたものが河童となって祟るのを兵部大輔が鎮めたので、以降、河童を兵主部と呼ぶようになったという伝説がある。